(見本ファイル)超ゴールドカートリッジ伝説・改

(見本ファイル)超ゴールドカートリッジ伝説・改

【注意】このページで配布しているのはコミックマーケット88にて販売する同人誌の一部を見本としてpdfファイルにしたものです。  あの《超ゴールドカートリッジ伝説》がよせばいいのに6年ぶりに帰って来てしまった! 何度も何度も、(先代林家三平のモノマネで)どーもすいません。  古のセガ8ビットゲーム機、『セガマークⅢ』用ゲームソフトをなんと全部集めてレビューした書籍。1985~1989年におけるセガの家庭用ゲーム機を取り巻く情報やいらん知識が満載した怨念をA-10氏の美麗イラストでくるんで偽装した狂気の1冊!  セガマークⅢソフト第1弾の『ハングオン』から、ゴールドカートリッジシリーズ第1弾『ファンタジーゾーン』、最終作の『ボンバーレイド』に至まで余すところなく収録いたしました。  その他にも8人の執筆者によるそれぞれの1980年代を描いたコラムも見逃せません。  A5版172頁と美少女コミック並にボリュームだけはあるので、叩くと痛いです。じゃなくて読み応えだけはあります。   今回はその中の7~11ページの『スペースハリアー』の項目の部分を見本としてpdfファイルにて無料配布を行っています。  見本をご覧の上、ぜひ夏コミにて実物をお手にとってご覧下さい。  今回、イベント会場での価格は1500円を予定しています。  本誌の販売は当面イベント会場か委託書店のみとなります。このページはあくまでPRの為に作成したものですのであらかじめご了承の程お願いします。  書店委託は現在COMICZIN様にてお願いしており、あと書店ではありませんが秋葉原BEEP様と大阪日本橋ゲーム探偵団様でも購入が出来ます。店頭通販のどちらでもご購入出来ますので、イベントに行けない方は是非ともご利用下さい。 【注1】本書は2004年に初版発行し、2009年に改訂版を発行した同名書籍の再版になります。本版の内容は2009年版とほぼ同一ですので、以前の版をお持ちの方はご注意下さい。 (2004年版は表紙イラストは違いますが、本文はほぼ一緒です)。 【注2】今回の版では表紙カバーがありません。理由は前回と印刷所を変えた為にデータ制作上の都合から本を同じ様には作れなくなってしまった事と、あと少部数の再版なので印刷費が高く付いてしまいオプションを付ける余裕が無かった為です。その代わりといってはなんですが、巻末に以前出した同人誌から再収録したオマケページみたいな場所を設けています。

【注意】このページで配布しているのはコミックマーケット88にて販売する同人誌の一部を見本としてpdfファイルにしたものです。  あの《超ゴールドカートリッジ伝説》がよせばいいのに6年ぶりに帰って来てしまった! 何度も何度も、(先代林家三平のモノマネで)どーもすいません。  古のセガ8ビットゲーム機、『セガマークⅢ』用ゲームソフトをなんと全部集めてレビューした書籍。1985~1989年におけるセガの家庭用ゲーム機を取り巻く情報やいらん知識が満載した怨念をA-10氏の美麗イラストでくるんで偽装した狂気の1冊!  セガマークⅢソフト第1弾の『ハングオン』から、ゴールドカートリッジシリーズ第1弾『ファンタジーゾーン』、最終作の『ボンバーレイド』に至まで余すところなく収録いたしました。  その他にも8人の執筆者によるそれぞれの1980年代を描いたコラムも見逃せません。  A5版172頁と美少女コミック並にボリュームだけはあるので、叩くと痛いです。じゃなくて読み応えだけはあります。   今回はその中の7~11ページの『スペースハリアー』の項目の部分を見本としてpdfファイルにて無料配布を行っています。  見本をご覧の上、ぜひ夏コミにて実物をお手にとってご覧下さい。  今回、イベント会場での価格は1500円を予定しています。  本誌の販売は当面イベント会場か委託書店のみとなります。このページはあくまでPRの為に作成したものですのであらかじめご了承の程お願いします。  書店委託は現在COMICZIN様にてお願いしており、あと書店ではありませんが秋葉原BEEP様と大阪日本橋ゲーム探偵団様でも購入が出来ます。店頭通販のどちらでもご購入出来ますので、イベントに行けない方は是非ともご利用下さい。 【注1】本書は2004年に初版発行し、2009年に改訂版を発行した同名書籍の再版になります。本版の内容は2009年版とほぼ同一ですので、以前の版をお持ちの方はご注意下さい。 (2004年版は表紙イラストは違いますが、本文はほぼ一緒です)。 【注2】今回の版では表紙カバーがありません。理由は前回と印刷所を変えた為にデータ制作上の都合から本を同じ様には作れなくなってしまった事と、あと少部数の再版なので印刷費が高く付いてしまいオプションを付ける余裕が無かった為です。その代わりといってはなんですが、巻末に以前出した同人誌から再収録したオマケページみたいな場所を設けています。